緑のロマン日記

40代独身女の生き様

ヤギの避妊手術 成功

無事にヤギの避妊手術を終えました

メスのヤギは、個体差はあると思いますが、発情が来ると大きな声で鳴きます。遠くのオスを呼ぶためと言われています。

これが結構うるさい。。。

私が飼っている場所は広い畑で、少し離れたところに一軒だけ家があります。そこに住んでいる方から、ヤギがうるさいと苦情を受けてしまいました。

これをきっかけにヤギの避妊手術をすることを決めました。

 

ヤギの卵巣を取れば発情が来なくなり、大きな声で鳴くことがなくなります。

じつは去年その手術を実施したのですが、体内の脂肪が多く、時間内に卵巣を見つけることができなかったのです。

(その時の記事はこちら↓)

https://blog.hatena.ne.jp/midorinoroman/midorinoroman.hatenablog.com/edit?entry=26006613766515537

 

今回再び手術するにあたって、万全の体制を整えていただきました。

なんと、麻酔の名医と言われる先生が、浜松に来る機会があり、縁あってその先生に麻酔をしてもらうことが決まったのです。

さらに今回場所をお借りすることができた動物病院では、設備がとても充実しているため、長時間の難しい手術にも対応できるとのこと。

いつもウチのヤギ達を診てくれている獣医さんが、すべて手配してくれました。感謝です。

手術の日

私が飼っているヤギは、メス2頭で、今回2頭とも手術をしました。といっても1日に2頭は無理なので、1日1頭ずつ。

手術日の朝はご飯抜きで病院に連れて行きました。

動物病院は他にもお客さんがたくさんいらっしゃるので、事前準備はすぐ近くの空き地で行いました。少し剃毛をして、麻酔を打ちます。

f:id:midorinoroman:20220222221557j:plain

麻酔を打たれたヤギ

麻酔を打たれて眠りについたヤギを、みんなで病院内に運んで、そこで私はお別れ。

 

結構ドキドキしながら駐車場で5時間ほど待ちましたが、無事に手術が終わったとの報告を受け、ほっと胸をなでおろしました。

 

麻酔の名医の技術によって、ヤギはスッキリと目覚め、すぐに立ち上がったそうです。(去年は違う先生が麻酔をしてくれたのですが、術後すごい鳴いていたので痛かったのかもしれません。今回はぜんぜん鳴かなかった。)

ヤギ1頭に、たくさんの方が関わって下さり、長時間尽力してくださったことに、心から感謝いたします。

無事に終わってよかった!(2日後、もう1頭のヤギも無事に手術を終えました。)

f:id:midorinoroman:20220222221606j:plain

摘出したヤギの卵巣

上の写真は、摘出したヤギの卵巣です。小指の爪ほどの小ささ。こりゃ大変なわけだ。。。

今回のヤギの避妊手術では、2頭で20万ほどかかりました。

術後2か月たちましたが、大きな声で鳴くことはありません。

ヤギを飼っている方、これから飼う方への参考になれば幸いです。